プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

プロ野球情報!楽天三木谷オーナー外国人枠撤廃を提案!

楽天・三木谷オーナーが仰天構想 将来的な外国人枠撤廃を提案

楽天三木谷浩史球団オーナー(51)が14日、都内で開かれた12球団オーナー会議で仰天構想をぶち上げた。今後のプロ野球の事業、競技振興について意見を求められ、1軍出場に制限が設けられている外国人枠の将来的な撤廃を提案した。プロは最高のプレーを提供すべきと持論を展開。海外のサッカーリーグや大相撲などを例に挙げ、世界レベルのプロリーグを目指すため、新たな改革を求めている。 

   経済界の革命児が、球界に巨大な一石を投じた。コミッショナーの選任も終わり、プロ野球の事業発展や競技人口拡大のための意見を求められたときだ。三木谷オーナーの仰天発言が飛び出した。

 「外国人枠の拡大、最終的な撤廃を提案しました」

 オーナー会議は日本野球機構(NPB)の最高の合議・議決機関である。今後の球界の方向性はここで決まる。日本球界の発展を話し合う中で、外国人枠を撤廃するというコペルニクス的転回に出席者は言葉を失った。

 発言は、その場の思いつきや楽天球団を優位にするためではない。「サッカーのヨーロッパでは撤廃して盛り上がった」。サッカー界では欧州連合(EU)加盟国の選手に対する外国人扱いがなくなり、EU各国の主要リーグが盛況を見せたという。

 「大相撲を見てもそうでしょう。プロ野球という興行なので、やっている選手が日本人か外国人かは関係ない。最高のプレーを見せるのが我々のミッションです」

以下省略
11/15 スポニチアネックス

プロ野球」未来への危機感

 三木谷オーナー流石です。

プロ野球事業発展や競技人口拡大に対しての提案だそうです。

仮に外国人枠が撤廃したときに、「昨年のサイヤング賞投手獲得!」「アメリカンリーグ2冠王が楽天へ」となれば盛り上がるでしょうけど、現実はメジャー枠に残れなかった外国人選手が多くやってくるわけです。

それで三木谷オーナーの言うように「最高のプレー」を観せれるかといえば難しいと思います。

 

しかし、競技人口は確実に減少していきますから、三木谷オーナーの言う通り、将来的にはプロ野球の「レベル」確保のため、外国人枠拡大・撤廃の方向に進むのは間違いないでしょう。

ただ、その前にもっとやることがあるんじゃないかなと思います。

 

f:id:monkox:20160923104656j:plain

 

選手の移動を活発に!

 

プロ野球事業発展を考えるならば、メジャーやサッカーを参考に出来ることがあります。

メジャーを参考にするなら国内FAのハードルを下げて、移籍をもっと活発にする。

サッカーを参考にするなら、若手選手にチャンスを与えるためレンタル移籍を認める。

このように、球団間の選手の移動を活発にし、選手にチャンスを増やし、新しいスターを誕生させることでプロ野球を盛り上げることは可能だと思います。

 

 

ロッテ球団社長もプロ野球の将来に危機感があるようで・・・

 

ロッテ球団社長 球界将来に危機感「若年層の競技人口が…」

オーナー会議に出席したロッテの山室晋也球団社長も球界の将来について危機感を口にした。

 サッカーやフィギュアスケートのテレビ中継と重なった侍ジャパン強化試合の視聴率が伸びなかったことに触れ、「サッカーに比べて若年層の競技人口が減っている。今後取り組んでいかなきゃいけない課題」。メジャーリーグの事業拡大にも言及し「抜本的にやらないといけないという意見も出た。メジャーは競技人口が減っても事業は成功している」と話していた。
11/15 スポニチアネックス

 

学童野球チームの現状!

 

実際、野球の競技人口は日本の人口減少の約3倍のスピードで減っているようです。

理由は色々あると思いますが、一番の問題は学童野球チームの問題でしょう。

現在小学校は部活動がなく、学校がかかわらない形で「地域野球クラブ」として存在します。

 

野球の場合は、利害関係のある地域のスポーツ店のおやじさんや父兄が監督、コーチとして指導にあたり、野球未経験の監督も多いようです。

指導する側はボランティアですから、全てを任せることができず、親は送迎だけでなく、練習や試合の準備、審判などの手伝いもあり、親にかかる負担が大きいです。

 

よって、子供が小さい人や仕事がある人は、その手伝いができないためチームに子供を預けることを避けてしまします。

競技人口を増やすなら、学童野球の現状を変えるしかないでしょう。

中学、高校から急に野球を始める子供はほとんどいませんから、いかに小学生の野球人口を増やすか!そのための知恵が必要になるでしょう。

 

サッカーの場合は、小学生を対象にしたサッカー教室を運営している企業が多くあり、商売として成り立っています。

そのため、指導者の経験や指導力も確かであり、親の負担は低学年の子供の送迎くらいで、高学年になれば送迎も必要ありませんからさらに、親の負担は小さくなります。

 

プロ野球機構がお金を出したり、地域の企業にスポンサーになってもらい、親の負担が小さくなる学童野球チームを全国に一つでも多くつくることが、野球競技人口の減少を止める方法だと思います!

そのチームの監督に元プロ野球選手を使う事でセカンドキャリアとしても有効です。

是非とも楽天・三木谷オーナーのバイタリティーに期待したいです!