プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

タイガース補強!オリックス「ブラフ」の狙いは西岡プロテクト!

どうなる阪神のFA人的補償! 渦中の鳥谷はプロテクト、流出阻止へ

 阪神オリックスからFAで糸井嘉男外野手(35)を獲得したがオリックス側が人的補償を求める方針を固め、高額のベテラン選手がプロテクトされない場合、躊躇せずに獲得に向かうことを明らかにしたため28人に誰がプロテクトされるかに焦点が集まっている。今季の推定年俸、2億8000万円の糸井は、Bクラスに相当すると見られ、オリックス人的補償プラス年俸の40%の金銭を阪神に求めることができる。

  オリックス側が具体的に名前を挙げたことで注目されたのが鳥谷敬(35)。今季は不振に陥り、7月24日の広島戦で5年ぶりにスタメンを外され、スタメン出場は115試合で、打率.236、7本、36打点、12併殺の成績に終わっていた。プロ13年目にして最低の打率だ。ショートのポジションは北條史也(22)に奪われ、鳥谷が、1年4億とも5億とも言われる巨額な複数年契約を残り3年も残していることから、阪神サイドはオリックスが手を出してこないだろうと、たかをくくってプロテクトから外すことが予想された。
  オリックス側の発言を“ブラフ”だとする見方もあったが、この日までに、球団サイドは最悪のケースを危惧して鳥谷をプロテクトする方向を定めた。
以下省略
11/24 THEPAGE

 

f:id:monkox:20160416094343j:plain

各スポーツ関係メディアが阪神のプロテクトの記事を掲載していますが、一番具体的で面白かったのがTHEPAGEさんだったのでとりあげました。

ホント、今オフはネタがないのはどこも同じ様です(+o+)

 

まず、記事の内容を読む限りオリックスの「ブラフ」は成功したようです。

鳥谷をプロテクトするようですから。

ただ、オリックス阪神が鳥谷をプロテクトから外すとは初めから考えていなかったと思います。

だって、オリックスの「ブラフ」の目的は西岡のプロテクトですから。

 

西岡プロテクトの狙い!

オリックスが狙う人的補償選手は誰だ!にも書きましたが、オリックスが狙う選手はおそらく、

◎若手投手

〇上本

△岩田

 

 

当然、プロテクト当落線上にいる選手達です。

阪神プロテクト予想!でブログ主は上本を内野手プロテクト予想6人中6番目に位置づけています。

岩田は外れると予想しましたが、最後まで悩みました。

オリックスも、上本、岩田はプロテクト当落線上と踏んでいると思います。

だからこそ、プロテクトから若手投手、上本、岩田を外すために「ブラフ」を仕掛けたんだと思います。

そもそも、狙らった選手がいなければ、ブラフを使う必要がないですからね。

 

当然オリックスの予想では、西岡はプロテクトから外されます。

しかし、それではオリックスのお目当ての選手がプロテクトされてしまいます。

仮に西岡がプロテクトされれば、阪神の選択肢は、

 

・同じ内野手の上本を外す

・上本を残すなら投手を外す

 

の2択になります。

 

 

 

チラつく西岡の男気

 

西岡は糸井に背番号を明け渡したり、減俸を申し出たりと「男気」を阪神球団に見せつけています。

オリックスはこの「男気」に阪神プロテクトと言う形で応える事を期待しているかもしれません。

 

こんなときこそ、西岡自身が

 

「プロテクトいりません!」

 

男気を見せてほしいですね!