プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017WBC!代表メンバー決定!抑え投手は「状態の良い投手を使う」そうです。

 

小久保監督がWBC代表メンバー発表

「大谷、菅野、則本、石川を先発で想定」

野球日本代表「侍ジャパン」の小久保裕紀監督が24日、都内で会見を行い、3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表メンバーを発表した。直前に1名辞退したため27選手の発表になったが、決定次第最後の一人を発表する。昨年12月に大谷翔平北海道日本ハム)、青木宣親アストロズ)ら19選手が発表されており、今回は投手6名、捕手1名、外野手1名が追加された。
以下省略
1/24 スポーツナビ

 f:id:monkox:20161102164641j:plain

投手はこの12名に決定しました。

 

2016年先発投手

 

菅野智之  ジャイアン

大谷翔平  日ハム

則本昂大 右 楽天

石川 歩  石川

増井浩俊  日ハム

藤浪晋太郎  阪神

千賀滉大 右 ソフトバンク

 

2016年中継投手

 

秋吉 亮 右横 ヤクルト

宮西尚生 左横 日ハム

岡田俊哉 左  中日

牧田和久 右下 西武

 

2016年抑え投手

 

松井裕樹 左 楽天

平野佳寿  オリックス

 

 

侍ジャパン投手起用!

 

小久保監督は菅野、大谷、則本、石川を先発と決定ではなく想定と言う事です。

想定ですが、この4人を先発と考えると第二先発が増井、千賀、藤浪となります。

先発は球数制限があるため、第二先発の役割は重要です。

そのなかで、増井、千賀はリリーフ経験があるため、イニング途中での登板も苦にすることはなく第二先発として期待できます。

ただ、問題は藤浪の起用法です。

 

藤浪を良く言えば「荒れ球」で的を絞りにくく、怖さが魅力の投手です。

逆に悪く言えば、コントロールが悪く、球数が多いのが欠点である投手です。

藤浪が「好投手」であり日本を代表する投手に成長していくことは疑う余地はありませんが、ただ、現状で球数制限のある「WBCルール」に合っている投手とは感じられません。

 

4年後を見据えて、強化試合やプレミア12のような代表戦に選ばれるのは分かりますが、数か月後のWBC代表になるのは不安を感じます。

2016年の成績も防御率3.25、7勝11敗です。

このオフにどんな上積みがあったかわかりませんが、藤浪が選ばれた理由を小久保監督はこう言っています。

(昨年11月の強化試合で)ストレートを打たれたのですが、そのあとはカットボールを織り交ぜながら抑えており、球の力は武器になると思い選出しています。

 

打たれてるんかーい!

 

せめて、2016シーズンの結果が良ければ納得できるんだが、仕方ない。

頑張れ藤浪!、俺を見返してくれ!!

 

 

侍守護神は?

 

そして、侍ジャパンの懸案だった抑えは流動的のようです。

小久保監督曰く、

経験でいったら平野、松井になりますが、その時の状態のいい投手を使う方向で行くと思います。

 

現在、プロ野球12球団に絶対的守護神(日本人投手)はいません。

ですから、メジャーの上原、田澤に期待していたのですが・・・・

平野、松井では決めたに欠きますし、流動的になるのはしかたないでしょう。

ただ、抑えは決まっていた方が間違いなくいい!

そうなると、則本がいいのですが。

ブログ主はまだ、守護神・則本をあきらめていません!

そのために長いイニングを投げれる牧田がいるんです!!