プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

元巨人・日ハム大田爆発に見えてくるジャイアンツファンの本音

大田に打ち込まれた巨人・村田真ヘッド「配球が甘いと思うよ」

巨人は11日の日本ハム戦(札幌ドーム)に1―5で敗れ、交流戦最下位に転落した。

 元巨人のドラフト1位コンビにやられた。2010年に戦力外通告した村田透(32)に5回1失点と封じられプロ初勝利を献上すると、昨年、トレードで放出した大田泰示外野手(27)には、この日も2戦連発の8号ソロを許すなど、3戦計10打数7安打2打点と打ち込まれた。しかも大田に一発を浴びたのは、トレード相手の吉川光だった。

 由伸監督は大田について「姿は変わっているようには思わない。チームとして、同じ打者に何本も打たれているようでは話にならない」。村田真ヘッドコーチは「打たれすぎや。俺らの指導不足もあるけど、あんなに同じ打者に打たれたらあかんよな。配球が甘いと思うよ。サネ(実松)も外ばっかり。経験ある捕手には見えんかったな」とバッテリーへ怒りをぶつけた。

6/12 東スポ

 

 ヨシノブ監督、村田コーチのコメントが

「ちょっと、冷たいんじゃない?」

なんてヤフーのコメント覧を見ているとが多いようですが、交流戦最下位ですから、どんなコメントを残しても、批判的なコメントがでるでしょう。

ただ、コメントを見ていると、

「大田を手放して失敗」

「大失敗のトレード」

なんてものはほぼありませんでした。

 巨人ファンもプロ野球ファンも

大田は巨人では大成しない!

と言う事が良くわかっているようです。

 

 

このようなことがあると、勝ちを義務付けられているから、若手の育成ができないと言う巨人御用達の評論家もいますが、同じ金満球団のソフトバンクは勝ちながら育成に成功しています。

例えば、昨日のソフトバンクのスタメンをみても

1番川崎

2番今宮

3番柳田

4番デスパイネ

5番中村晃

6番松田

7番明石

8番上林

9番甲斐

投手山田

デスパイネ以外全員生え抜き。

※川崎は出戻り

今シーズン8本塁打している上林(21)は2013年のドラフト4位仙台育英高校出身。

捕手の甲斐(24)は2010年の育成ドラフト6位。

 

ちなみにジャイアンツの昨日のスタメン

1番陽

2番石川

3番マギー

4番阿部

5番村田

6番長野

7番クルーズ

8番辻

9番実松

手宮

 阿部、長野、辻、宮國が生え抜き。

陽、石川、実松は日ハムって・・・・。

 

巨人は今後「常勝を義務付けられているから」という言い訳はできません。

それに、系列会社ですら地上波放送をしなくなってしまった巨人に、プロ野球ファンのみならず、巨人ファンですら「常勝軍団」のイメージはもうありません。

生え抜きのスター選手しか指揮官しか起用しないジャイアンツでは、ソフトバンクのようなチームつくりは難しいのではないでしょうか?

これはヨシノブ監督に問題があるのではなく、球団の方針に問題があるんです。

それを受けてか、

 

巨人堤GMが今季途中で退任か 13日に株主総会

 巨人に激震が走る。堤辰佳GM(51)が今季途中で退任する可能性が11日、高まった。

 巨人の親会社である読売新聞グループ本社首脳が42年ぶりに球団ワーストを塗り替える13連敗の責任を問う声が高まっており、堤GMも責任を痛感。

 13日には株主総会と取締役会が控えており、堤GMの進退問題に発展することは必至だ。9日の連敗ストップ後は、この日の日本ハム戦(札幌ドーム)も敗れ、再び連敗が始まった。

6/12 東スポ

 

当然ですよね。