プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017ドラフト1位候補、広陵・中村と早実・清宮を比較してみよう!

清宮&安田も選出、U18W杯の高校日本代表発表 広陵・中村らドラ1候補ズラリ


日本高野連は20日、U-18W杯(9月、カナダ・サンダーベイ)に出場する高校日本代表20人を発表した。

【写真】あの歌手の長男 甲子園への夢叶わず…父親似の目元から大粒の涙

 歴代最多タイとなる高校通算107本塁打早実・清宮幸太郎内野手(3年)、第99回全国高校野球選手権で4本塁打を放っている(20日終了時点)広陵・中村奨成捕手(3年)らを選出。第1次候補に入っていなかった高校通算62本塁打履正社・安田尚憲内野手(3年)も、大阪大会での活躍が評価されて代表入りを果たした。

  第1次候補で3人が選ばれていた2年生は、報徳学園・小園海斗内野手と、大阪桐蔭・藤原恭大外野手が最終メンバー入り。早実・野村大樹捕手は外れた。

  代表20人は以下の通り。※は今夏の甲子園出場選手。

  【投手】※木更津総合・山下輝(3年)※花咲徳栄・清水達也(3年)日大三・桜井周斗(3年)※中京大中京・磯村峻平(3年)※大阪桐蔭・徳山壮磨(3年)福岡大大濠・三浦銀二(3年)※秀岳館・川端健斗(3年)※秀岳館・田浦文丸(3年)

  【捕手】※広陵・中村奨成(3年)福岡大大濠・古賀悠斗(3年)

  【内野手】※仙台育英・西巻賢二(3年)東海大市原望洋・鯨井祥敬(3年)早実・清宮幸太郎(3年)日大三・井上大成(3年)履正社・安田尚憲(3年)報徳学園・小園海斗(2年)

  【外野手】※前橋育英・丸山和郁(3年)※横浜・増田珠(3年)※中京大中京・伊藤康祐(3年)※大阪桐蔭・藤原恭大(2年)

8/20 デイリースポーツ

 

夏の甲子園もベスト4が決まりました。

U18のメンバーも決まり、いよいよドラフトモードです。

早実・清宮は進学が有力視されていますが、広陵・中村の出現で、清宮の存在が若干薄れてきました。

 

清宮と中村、どちらが上かと考えれば、間違いなく中村が上です。

ここで少し、プロフィールを見てみましょう!

 

清宮幸太郎

 

身長 184㎝

体重 100㎏

右投左打

内野手(一塁手)

遠投 100m

50m 6.5秒

 

 

 

中村奨成

 

身長 182㎝

体重 77㎏

右投右打

捕手

遠投 120m

50m 6.0秒

 

 

まず、清宮の1番のマイナス点は1塁しか守れないことです。

高校生ドラフトが廃止になった2007年以降のドラフトで高校生1塁手がドラフト1位で指名されたことはありません。

2014年にジャイアンツの岡本が1位指名されていますが、球団はサードとして獲得しています。

そのくらい、過去のドラフトを見ても高校生1塁手の評価は低いです。

 

高校野球で1塁以外の内野を守れないと言うのは、守備力がないと判断されます。

そういった事を考慮して、早実の和泉監督はセンター挑戦をさせたんだと思います。

結果、1塁に戻りましたが。

そういった、ことを踏まえ清宮の守備力はマイナス査定です。

プロにいったら、筒香、岡本のようにレフトというのも考えられます。

パリーグであれば、西武の森のように指名打者もありです。

 

しかし、その守備力を補って余りある、打撃と人気!

これは、広陵・中村以上です。

清宮フィーバーを想像すれば、集客面(経営)にとって大きなプラス。

溢れるメディアで宣伝効果は数千億規模になるのではないでしょうか?

高校生1塁手としてドラフト1位!

見てみたいけど、進学ですかね?

 

 

 

広陵・中村は、打てない捕手が主流の現代野球において救世主になります。

とくに、指名打者の無いセリーグにとっては何が何でも欲しい選手です。

しかも、今年のドラフトは不作の年と言われていますから、プロ希望であれば、複数指名は間違いないでしょう。

 

万が一、捕手がダメだとしても、打撃、スローイング、走力があれば、巨人・坂本以来の大型遊撃手になれる可能性があります。

3拍子揃った捕手。

まさに、数十年に一人の逸材化もしれません。

 

 

 

打てる捕手になれる可能性を秘めている時点で、かなりの希少価値があります。

今のプロ野球なら、正捕手で、3割、20本打てば、50本打つ1塁手より評価が上でしょう。

よって、現時点で清宮と中村を比べると、中村が上になります。