プロ野球!試合結果、個人成績からトレード、ドラフト情報社!!

プロ野球は巨人と大谷選手や柳田選手などの注目選手のを中心に 清宮選手などの甲子園人気選手にも注目!

2017ドラフト清宮獲得の条件!その条件を満たす球団はどこだ!

清宮、プロ入りは茨の道か。平均以下の守備・走塁…本塁打記録で意義証明を【小宮山悟の眼】


早実の清宮幸太郎内野手プロ野球志望届を提出した。10月26日のドラフト会議を前に、すでに1位指名を明言する球団もあり、過去最多の8球団競合を上回る可能性も出てきている。


清宮、プロ入りは茨の道か。平均以下の守備・走塁…本塁打記録で意義証明を【小宮山悟の眼】
記者会見でプロ入りを表明した清宮。


■守備・走塁は平均以下

 早実の清宮幸太郎選手がプロ野球志望届を提出した。

 プロか進学かと注目を浴び、決定前に記者会見するなど、高校通算111本塁打をマークした清宮は常に話題の中心だ。しかし、この決定は私にとっては意外だった。なぜなら大学進学が理想だと考えていたからだ。

 私が思い描いていた彼の青写真は大学で4年間プレーすることだった。ただ4年後のプロ入りを待つのではなく、東京六大学野球のありとあらゆる記録を塗り替え、鳴り物入りでのプロ入りだ。

 そして5年ないし数年は日本のプロ野球でプレーし、夢のメジャー挑戦という筋書きだ。米国での経験を経て、日本球界に復帰して現役を終える。先日、引退試合を終えた千葉ロッテマリーンズ井口資仁内野手のようなケースが理想的だとみていた。

 というのも、清宮には大きな課題が残されている。周知のようにバッティングに関して問題はない。現段階でプロの中でも平均、もしくは平均以上のレベルにあると言えるだろう。

 しかし、守備・走塁に関しては平均以下だ。このまま打撃だけを伸ばすことになるのか、それとも平均以下である守備・走塁を矯正するのか。入団した球団によって彼の野球人生はかなり左右されるだろう。

以下省略
9/28 ベースボールチャンネル

 小宮山氏は理論的で個人的に好きな解説者です。

ただ、早大で記録を塗り替えてからプロという考え方は、今一つ意味がわかりません。

 

東京六大学

2015慶応・谷田指名漏れでも触れていますが、そもそも、入れ替え戦がないだけでなく、高校レベルの東大も参加している東京六大学で記録を塗り替えることに、どんな意味があるのか?

そして、このコメントはどういうことなんでしょうか?

清宮には大きな課題が残されている。周知のようにバッティングに関して問題はない。現段階でプロの中でも平均、もしくは平均以上のレベルにあると言えるだろう。

 しかし、守備・走塁に関しては平均以下だ。このまま打撃だけを伸ばすことになるのか、それとも平均以下である守備・走塁を矯正するのか。入団した球団によって彼の野球人生はかなり左右されるだろう。

 

プロの平均以上の打撃があるなら、一刻も早く、プロのハイレベルの球を見るべきでしょう。

大学の2・3番手のボールを打ちまくって記録を残す意味はありません。

それに、球団によっては守備を矯正しないような言いかたですが、そんな球団あるんですか?

 

 

メジャー挑戦

 

清宮本人のメジャー挑戦の意思を尊重するならば、イチロー、青木、福留、井口、松井稼頭央のように走攻守で勝負することは、これからどんな練習・経験を積んでも無理です。

メジャーで勝負するなら松井秀喜型”しかありません。

つまり、打撃ありき!

松井秀喜型でしか勝負できない清宮が大学の4年間を使って守備を鍛えてどうするの?

 

 

 

そもそも、清宮本人はメジャー志向ですが、同じ高卒でメジャー志向だった菊池雄星大谷翔平とは全く立場が違います。

菊池と大谷は高校時代にメジャーから評価を受けていましたが、清宮の場合は本人の願望です。

そういった意味で、メジャーから見た清宮は、他の高校生ドラフト候補と同じです。

東京六大学でどんなに打ってもメジャーは注目してくれません。

清宮もそれを自覚してるからこそ、早くプロで経験を積み結果を残したいと思ったのだと思いますよ。

 

f:id:monkox:20161205233335j:plain

 

ドラフト「縛り」

 

清宮は全球団と面談する意思があるようです。

ようは縛りの確認です。

縛りとは

「この条件でなければ入団しません」

と言う約束です。

 

各紙みても、この縛りの条件は「ポジティングでのメジャー移籍」としています。

当然最低条件だと思いますが、一番の条件は起用法でしょう。

ポジティングは権利があっても需要と供給ですから、大谷並みに最短で利用することは不可能です。

ポジティングで需要(メジャーの評価)を得るために必要な成績を残すために、一軍で経験を積める環境を求めてきます。

そうなると、1・2年目から1軍で起用すること

これが一番の条件になるのではないでしょうか?

 

これを約束できる球団以外は、指名されても早稲田進学となるでしょう。

早稲田はドラフト漏れからは受け入れないようですが、早実であれば一般入試で進学は可能なはずです。

そうなれば、早稲田OBの小宮山氏の希望通りになりますね(笑)

 

 

 

条件を約束できる球団はどこか?

 

1・2年目からの起用を約束できる球団は、ヤクルト、日ハム、ロッテ。

興行を優先する楽天・DeNAも条件をのむでしょう。

興行的に厳しい中日もオーナー命令で可能でしょうか?。

阪神は金本監督をオーナ権限で言う事をきかすことが出来るかがポイントです。

仮に阪神が条件を飲んで清宮を獲得出来たら、日ハム・中田翔オリックスとなりますね。

 

話がそれましたが、野手が充実している、西武、広島、ソフトバンクは約束できないでしょう。

ジャイアンツは左打者が少ないうえに、人気もある清宮がほしいと思いますが、阿部の処遇に困ります。

さらに、ジャイアンツとソフトバンクはポジティングを認めていないので”特例”を作っても条件を飲むことができるのか注目です。