美ヤジのヒマナンダス!

元柔整師のプロ野球、芸能エンタメ、競馬、たまにパチンコ暇つぶし日記

高校野球「3年生合同トライアウト」決定! だけど心配なことが・・・

 エブリデー、ヒマナンダズ。

 

 

NPBと高野連、3年生救済の合同“トライアウト”

プロ志望届を提出する高校生の希望者を対象に、NPBと日本高野連による「合同練習会」が実施されることが25日、決まった。この日の日本学生野球協会の理事会で、日本高野連からの申請が承認された。

プロを目指す高校生を対象としたトライアウトとも呼べるものになりそうだ。詳細は今後、NPBと日本高野連の両事務局で詰め、7月20日前後に要項を発表するが、紅白戦なども行われる見通し。2軍の指導者が高校生を相手にノックなどを行うことも考えられる。

期日は、8月29、30日、9月5、6日、12、13日の3つの週末を確保。1泊2日で行う。東西で1回ずつを想定しているが、参加希望者が多い場合は3回目を検討する。

新型コロナウイルス感染拡大により、センバツ、春季大会、夏の選手権が次々と中止。各都道府県の独自大会は準備が進んでいるが、今の3年生は公式大会の機会が大きく奪われた。日本学生野球協会の内藤雅之常務理事は「救済措置の意味が大きい」と話した。

さらに「独自大会は、地域によってNPBのスカウトが行けないところもある。3年生部員の進路保証の観点から、平等性に欠ける」と説明した。都道府県によって、スカウトの入場が認められるところと、認められないところが出てくる。平等性を確保するため、日本高野連側からNPBに対し合同練習会を提案したという。

なお、プロ志望届は例年、夏の甲子園終了後から受け付けを開始していたが、今年は8月1日から受け付ける。合同練習会は、同21日までに志望届を提出し、かつ参加を希望する高校生を対象とする。

6/25 日刊スポーツ

 

 

美ヤジは、トライアウトに大賛成です。

 

puro.hatenadiary.jp

 

 

今まで以上に、全国で眠っている原石を発掘する場になるでしょう。

 

ただ、ちょっとこのトライアウトには、気になる点もあります。

 

期日は、8月29、30日、9月5、6日、12、13日の3つの週末を確保。1泊2日で行う。東西で1回ずつを想定しているが、参加希望者が多い場合は3回目を検討する。

 

合同練習会は、同21日までに志望届を提出し、かつ参加を希望する高校生を対象とする

 

プロ志望者限定で、1泊2日の東西2会場となっています。

 

2019年のプロ志望届を出した高校生は139人

 

単純に半分にしたら約70人。

 

ちなみに、2019年の12球団合同トライアウト(大阪シティ信金スタジアム)は、43人が参加してます。

 

高校生のプロ志望届は年々増えていますから、東西2会場で足りるのか?

 

f:id:monkox:20200626175606j:plain

 

 

高校生のプロ志望届数

 

2015年 78人

 

2016年 105人

 

2017年 106人

 

2018年 123人

 

2019年 139人

 

 

2020年は、トライアウトの影響で「思い出つくり」で、志望届を出す選手が増えることが想像できます。

 

仮に、「思い出つくり志望」が増えたら、都道府県の高野連が事前にセレクションするか、他校の監督数人から推薦してもらうなど、対策が必要になるでしょう。

 

 

旅費に関しては、この時期なら「Go To キャンペーン」を利用できるので、費用負担は若干軽くなりそうです。